2015年3月25日水曜日

Mule CNC 2.0のソフト構成

今回はCNCのソフトウェアの構成を紹介しようと思います。MacOSX環境でCNC環境を構築している方は少数派だと思いますので、参考になれば幸いです。

1. ホストプログラム

TgFx

まさかのDiscontinued


2015年3月22日日曜日

最近作ったものたち

すっかりブログ更新してませんでしたが、ぽちぽち再開します。不定期更新になりそうですが...

今回は動くようになったMule CNC を使って作ったものなどを紹介します。

カメラルシーダ

IMG 4531

組み立てたカメラルシーダ


2014年11月23日日曜日

Mule CNC 2.0!

Mule CNC 2.0!

IMG 4362

組立途中のMuleCNC2.0

2ヶ月ぶりの更新です。Mule CNC 2.0のデザイン資料をある程度まとめたので公開します。Twitter上ではしばらく前に紹介したのですが、こちらでも。

1.0はThingiverseで公開しましたが、今回はGitHubで公開します。これはThingiverseがちょっとごたごたしているのと、ファイル管理にGitを使用しているのでGitHubが便利なためです。

まとめたと言ってもstlファイルを最小限公開しているだけでBoMなどは未整理です。ぼちぼち進めていく予定ですが時間がかかるかも。


2014年9月18日木曜日

スピンドル回転数を計測する

IMG 4489

センサ、回路、Arduino、3Dプリントしたセンサ台

スピンドル回転数を計測する

最近、非接触の磁気式回転数センサを使ってエンドミルの回転数を計測する事に成功したので記事にしておきます。RC用モータを使ってスピンドルを自作する場合の参考になるかと思います。


2014年8月20日水曜日

フィラメントの使用量を管理する

フィラメントの使用量を管理する

IMG 4401

フィラメントボックスにPolyPlusスプールを取り付けたときの重量を書き込んでおく

Photo by3Dプリンタを使っていると、フィラメントの残量で悩む事がよくあると思います。造形をしたいのだけれども、いま3Dプリンタに取り付けてあるフィラメントの残量で足りるか。足りなければ造形途中でフィラメント切れになってしまいます。フィラメントを新しいものに交換すれば安心ですが、中途半端な使いかけフィラメントがたまるのも困り者です。

Cubeなどフィラメント残量を管理してくれるプリンタもありますが、そうではない機種の方が多数派でしょう。そこで、私がMakerbotで使っている方法(というほど大層ではありませんが)を紹介します。


2014年6月28日土曜日

Replicator2 修理メモ#3 X軸ステッパーモータの断線

IMG 4255

造形失敗

X軸ステッパーモータの断線

最近順調に使用できてると思っていたReplicator2ですが、不具合が発生しました。10h超の長時間造形中にX軸方向に断面がずれてしまうという症状。

なにか引っ掛かってエクストルーダがずれているのかとも思いましたが、ふと昔JMB-UGのフォーラムに載っていたX軸の断線による症状と同じと思い出しました。先人の知恵をありがたく思い出しつつ、修理をしてみる事に。


2014年6月9日月曜日

CNCミルの自作 - 2.0の前に

2.0の前に

ThingiverseにMule CNC 1.0を公開して(無理矢理)一区切りをつけましたが、2.0への改修を始める前にいくつかのことを整理しておこうと思います。1.0の立ち位置、反省点、あるいは作成しながら思った事などです。